武幸四郎調教師、レイデオロのダービー当日に調教していた「騎手のときより緊張した」

スポンサーリンク

2018年から調教師としてスタートを切った、武幸四郎調教師。
兄はご存知トップジョッキーの武豊騎手。

その武幸四郎調教師は、2017年の日本ダービーの朝、レイデオロの調教を担当していました。
その際、どれだけのプレッシャーを感じていたか語ってくれています。

スポンサーリンク

動画

スポンサーリンク

ネットの反応

  • 幸四郎の身長でよくジョッキーを
    やってたと思うなあ。
    天才の兄に劣ってないわ
  • 幸四郎も一年しかないという理屈の元で藤澤厩舎を選んだのはなかなかだし、そして一見ゆかりのない幸四郎を受け入れてくれた藤澤さんにも、懐の深さを感じます。
  • 幸四郎師の管理馬に豊さん騎乗でGI制覇が楽しみ!

現在ちょっと苦戦している印象もある武幸四郎調教師ですので、今後の飛躍が期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA